へこみなどの老化現象には脂肪注入|大西皮フ科形成外科

若返り手術専門クリニックによる安心・安全なアンチエイジング

脂肪注入

脂肪注入について

1.はじめに

人間は、「老化(aging)」を避けることはできません。その変化は主に、しわ・たるみ・へこみ・しみと言った現象として現れます。その中で「へこみ」はしわと共に重大な老化現象で、主に、目の下・ほほ・こめかみ・ほうれい線・眉間などに出現します。これらの老化現象を、メスを使わずに注射という方法で脂肪を‟移植”することだけで改善して若々しさを取り戻すのが、脂肪注入術です。

2.脂肪注入とは

皮下脂肪の豊富なところから、注射器で脂肪を吸い取り、これを目的の部位にふくらませたいだけ再び注入するという、最も単純な方法です。

3.生着するとは

注射によって移殖された脂肪が、‟生着し”‟根付き”生き残るためには、その脂肪組織に血液が通わないといけません。脂肪と言っても単なるアブラではなく、脂肪細胞という組織なのです。

4.注入した脂肪の残る量

実際に注射された脂肪の50~60%しか生着しません。移殖された細胞の毛細血管が周囲の血管とつながるまで細胞が持ちこたえられずに溶けてしまうため、注入する際は少し多めに注入します。直後1週間くらいは余分に腫れた感じがします。2週間位でちょうど良い状態になりますが、実際には少しずつ減って、1ヵ月半から2ヵ月後に定着した状態になります。

5.術後の局所の状態

腫れ:少し多めに注入しますので、外観上は腫れているように見えます。
皮下出血:注射の針が血管にあたり、出血を生じる事があります。そのため、皮下出血斑が表面に現れる事もあります。
これは2~3週間かかって消えて行きますので、ファンデーションなどでカバーして下さい。
痛み:局所の痛みは軽度ですが、圧痛があります。必ず消失して行きます。
しこり:注入された脂肪の小粒はしこりとして触れます。これは脂肪が周囲の組織となじんでしまえば、触れなくなります。
ただ、眼瞼部分は柔らかいところなので、行き残った脂肪が小腫瘍として触れることもありますが、
これは注入した脂肪がうまく生着した証拠と思ってください。あくまで外観上の改善が目的なので、生着する方を優先してお考え下さい。

6.脂肪注入に適した部位

どのような部位にでも可能ですが、部位によって生着率にはかなりの差があります。こめかみよりも頬の方が適しています。

7.脂肪採取部位

主に腹部または大腿部から採取します。痩せている人でそれらの部位に皮下脂肪がほとんどない人はその他の部位から取る事になります。

8.採取部の術後のしこり

脂肪を採取する時は、注射器で吸い取ります。その採取部位には術後、打撲の後のように皮下出血斑やしこりができます。このしこりは2ヶ月くらいで消えてきます。

料金表はこちら

お悩みはお気軽にご相談ください。

ご相談は無料でご利用いただけます。

お電話でのご相談・お問い合わせ

メールで相談・お問い合わせ

メールフォーム
医療法人大美会
大西皮フ科形成外科医院 滋賀大津石山院

診療日時

平日(木曜除く) 10:00~12:30/16:00~18:30
土曜日 10:00~16:00

住所

滋賀県大津市粟津町4-7(JR石山駅前近江鉄道ビル3F)

休診日

木曜日、日曜日、祝日

医療法人大美会
大西皮フ科形成外科医院 京都四条鳥丸院

診療日時

平日(月曜除く) 10:00~19:00
土曜日 10:00~18:00

住所

京都府京都市下京区⻑⼑鉾町31四条ビヨンドビル5F

休診日

月曜日、日曜日、祝日

大切なお客様への6つのお約束6 PROMISES TO CUSTOMERS

患者様満足第一主義

スタッフ一人一人が責任を持ち患者様の満足を第一に考えます。誠意のある対応で信頼されるクリニックを目指しています。

先進の技術導入

現状に満足することなく医学的根拠にこだわりを持ち、最良の治療法・最高の技術力・豊富な知識を患者様に提供します。

明朗な安心会計

明朗会計を徹底しております。患者様のご要望をうかがい、最適な提案と事前説明をしっかり行ないます。

強制販売・勧誘一切なし

当院では無理な販売や勧誘は一切行なっておりませんので、安心してご相談ください。

快適・安心に配慮

快適にお通いいただける様、メイクスペース等も完備。お出かけ前でも気軽にお治療をしていただけます。

サポート重視

クリニックだからこそ医師をはじめ、専門スタッフが施術後も可能な安心サポートを行ないます。